COVID-19罹患後症候群の疫学データ 新型コロナ感染者、3分の1に「脳疾患」の症状 英研究

British Medical Journal誌に、2021年3月31日ウェブ掲載された、新型コロナウイルス感染症回復後の、
生命予後について検証した論文です。

新型コロナウイルス感染症から回復後に、長期間だるさなどの体調不良の続くことがあることや、心筋の異常や肺機能の異常などの所見が、回復後も長期間持続することがあることは、これまでにも多くの報告があります。

こうした現象をどう呼ぶかはまだ統一されていないようですが、上記文献の記載では、英国国立医療技術評価機構(NICE)は、12週間以上持続する新型コロナウイルス感染に伴うと思われる、兆候や症状を、
Long covidや、post-covid syndrome(新型コロナウイルス罹患後症候群)、と定義しています。
これは日本語訳は定まったものはないようです。

新型コロナウイルス罹患後症候群には多くの報告がありますが、その対象者や解析法はまちまちで、その罹患率も明瞭とは言えません。

今回のデータはイギリスにおいて、新型コロナウイルス感染症に罹患して入院し、回復して退院した47780名の患者を、非感染者とマッチングさせて、退院後の死亡、入院、心血管疾患や慢性腎臓病、
呼吸器疾患や糖尿病などの発症リスクを、比較検証しています。

その結果、47780名の感染者の中で、観察期間中に24.9%が再入院し、12.3%が退院後に死亡していました。

つまり、新型コロナウイルス感染症で入院した患者のうち、回復して退院しても、そのうちの約8人に1人は、数か月以内に死亡しているという、かなりショッキングなデータです。

これを別の形で解析すると、年間患者1000人当たり、766人が再入院し、320人が死亡する、ということになります。
コントロールと比較した再入院のリスクは3.5倍、死亡のリスクは7.7倍と算出されています。

退院後の臓器疾患新規発症のリスクも、心血管疾患発症リスクが3.0倍、慢性肝疾患のリスクが2.8倍、慢性腎臓病のリスクが1.9倍、糖尿病の発症リスクが1.5倍と、新型コロナウイルス感染事例で高くなっていました。

特に呼吸器疾患でみると、年間患者1000人当たり、全ての呼吸器疾患のリスクは770.5件、新規の呼吸器疾患発症リスクは538.9件で、これは再入院のリスクにかなり近い、と見ることが出来ます。

重症の事例で予後が悪いのかと言うと、必ずしもそうではなく、集中治療室に入室した事例とそうではない事例との比較では、退院後の呼吸器疾患と糖尿病のリスクは、確かに集中治療室入室事例の方が高かったのですが、死亡や再入院はむしろ集中治療室入室事例で低い、という結果になっていました。

この新型コロナウイルス感染症回復後の死亡リスクの増加は、70歳以上より70歳未満の年齢層でより高く、白人種と白人種以外との比較では、白人種以外で高いという傾向が認められました。

このように、新型コロナウイルス感染症の入院事例では、回復後に明確に死亡リスクの増加が認められ、それは新型コロナウイルス感染症の急性期とは異なり、70歳以下の年齢層でより多く、呼吸器疾患の悪化が1つの大きな要因として考えられますが、それだけでは説明困難な現象です。

ただ、今回の研究では、過去の医療データから平均化したコントロールと比較していて、新型コロナウイルス感染流行期においては、コロナ以外の診療はかなりレベル低下が想定されますから、その影響が大きいという可能性もあります。

いずれにしても、今後この現象の解明が急務であり、日本でもこうした研究が早急に行われることを、
強く希望したいと思います。

確定患者は全員登録して、その後1年は定期的な健康観察を行うような仕組みが、あって然るべきではないでしょうか?

これは「新型コロナ後遺症」と称して、ワイドショーやニュースのネタにするような、そんな次元の話ではないのです。


新型コロナ感染者、3分の1に「脳疾患」の症状 英研究

新型コロナ感染者の約3分の1に長期的な精神症状や神経症状が見られるという/Mario Tama/Getty Images

新型コロナ感染者の約3分の1に長期的な精神症状や神経症状が見られるという/Mario Tama/Getty Images

(CNN) 新型コロナウイルスに感染した患者の約3分の1が長期的な精神症状や神経症状を発症しているという研究結果が、6日の英医学誌ランセット・サイカイアトリーに掲載された。

それによると、新型コロナウイルスに感染して回復した人の34%が、感染から半年以内に神経疾患または精神疾患の診断を受けていた。

最も多かったのは不安障害で、新型コロナで治療を受けた患者の17%が診断を受けていた。次いで多かったのは気分障害の14%だった。

神経系の影響は入院した患者の方が重くなる傾向があったが、外来で治療を受けただけの患者の間でも一般的だった。

論文を発表した英オックスフォード大学の研究者マキシメ・タケット氏によれば、新型コロナウイルスの重症度が高いほどこうした症状が出る割合も大きく、入院した患者ではこの割合が39%に増えていた。

タケット氏は「新型コロナウイルスの方が、インフルエンザや呼吸器系の感染症に比べて事後の脳疾患や精神疾患が多いことが、我々の研究結果で示された」と述べ、半年以上が過ぎた後の経過も観察する必要があると指摘する。

今回の調査は過去最大規模の患者を対象に実施された/CNN

今回の調査は過去最大規模の患者を対象に実施された/CNN

今回の研究は、この種の調査としてはこれまでで最大規模。研究チームは主に米国内で新型コロナウイルスに感染した患者23万6000人あまりの電子カルテを調べ、同じ期間に呼吸器感染症に感染した患者の記録と比較した。

その結果、新型コロナウイルスに感染した患者はインフルエンザに感染した患者に比べ、神経疾患や精神疾患のリスクが44%高いことが判明。それ以外の呼吸器感染症に比べると16%高いことが分かった。

さらに、新型コロナウイルスに感染した患者はおよそ50人に1人の割合で、脳に血栓ができる虚血性脳梗塞(こうそく)を起こしていた。

一方、ウイルス感染との関係が指摘されることのある神経疾患のパーキンソン病とギランバレー症候群については、新型コロナウイルス感染後に発症者が増える形跡はみられなかったとしている。

この研究にかかわっていない英ノッティンガム大学のムサ・サミ准教授は、膨大な数の患者の記録を分析できたという点でこの調査は重要だと評価。「『脳疾患』としての新型コロナウイルス感染症については相当な不安があることから、これは非常に重要なトピックだ」と述べ、新型コロナウイルスが脳や神経に与える影響をさらに詳しく調べる必要があると指摘している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント