新型ウイルスワクチンの公平配分、「壊滅的な失敗」の瀬戸際に=WHO + コロナワクチン接種後に高齢者死亡、知っておくべきこと

A woman gets a dose of Sputnik V vaccine in Moscow, Russia. Photo: 18 January 2021

ロシアなど複数の国で大規模な新型ウイルスワクチン接種が始まっている。写真はロシア製ワクチン「スプートニクV」を接種する女性(18日、ロシア・モスクワ)

 新型コロナウイルスのワクチン接種が複数の国で進む中、世界保健機関(WHO)は18日、不平等なワクチン接種政策の影響で、世界が「壊滅的な道徳上の失敗」に直面していると警告した。

WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイエスス事務局長は18日、より豊かな国で暮らす健康な若者が、貧しい国で暮らす重症化リスクのある人よりも先に予防接種を受けるのは、公平ではないと述べた。

テドロス事務局長は、49の富裕国で3900万回以上のワクチンが投与されている一方で、ある貧困国ではわずか25回分の予防接種しか行われていないと指摘した。

こうした中でWHOと中国は、新型ウイルスの感染症COVID-19への対応をめぐり批判を受けた。

WHOの委託を受けた独立調査委員会は、国連の公衆衛生機関であるWHOはもっと早い段階で国際的緊急事態を宣言すべきだったと指摘。さらに、公衆衛生上の措置をより早期に取らなかったとして中国を厳しく非難した。

これまでに中国、インド、ロシア、イギリス、アメリカがCOVID-19ワクチンを開発している。米ファイザーと独ビオンテックなど、多国籍の共同開発が行われている。

ワクチン開発を行うほとんどの国が、自国民へのワクチン配布を優先している。

テドロス氏の主張

テドロス事務局長は18日、WHOの理事会で、「率直に言わなくてはならない。世界は壊滅的な道徳上の失敗の瀬戸際にあると。そして、この失敗の代償として、世界各地の最貧国で人の命や生活が犠牲になると」と述べた。

そして、「自分優先」の態度はワクチン価格を押し上げ、買いだめを助長するため、自滅的な結果をもたらすことになるとした。

「結局のところ、こうした行動はパンデミックそのものや、パンデミックを封じ込めるのに必要な規制、人間や経済の苦痛を長引かせるだけだ」

テドロス氏はまた、来月開始予定のワクチンの公平な配分計画「COVAX」への全面的な取り組みを呼びかけた。

「全加盟国に対する私の課題は、4月7日の世界保健デーまでに、パンデミックと世界的な健康問題の根底にある不平等を克服するための希望の象徴として、COVID-19ワクチンがあらゆる国で確実に実施されるようにすることだ」

これまでに180カ国以上が、WHOと国際的なワクチン支援団体のサポートを受けるCOVAXイニシアチブに参加している。COVAXは各国をひとまとめにし、製薬会社との交渉力を高めることを目的としている。

92カ国(その全てが低所得あるいは中所得国)はドナーからの拠出金でワクチン費用をまかなうこととなる。

「我々は5つのワクチン生産者から20億回分のワクチンを確保しており、さらに10億回分以上を追加する選択肢もある。2月の提供開始を目指している」と、テドロス氏は述べた。

テドロス氏の警告への反応は

イギリスのマット・ハンコック保健相は、「イギリスは、世界中の国がワクチンを確保できるよう国際事業を、世界で最も支援しているし、資金提供している」と述べた。

ハンコック氏は「誰もがワクチンへアクセスできるようにするための、世界的な取り組みにおいて、(イギリスが)資金面で最も支援している」とした。

英政府はCOVAXに5億4800万ポンド(約773億8000万円)を拠出している。

英政府のデータによると、同国では400万人以上が1回目のワクチン接種を完了している。

イングランドでは現在、70代や重症化の恐れが非常に高い人々に予防接種が行われている。

「民衆のワクチン連盟」(People's Vaccine Alliance)は先月、富裕国がワクチンの大部分を手に入れ、貧困国は接種の機会を失うことになると警告。現状では経済力に劣る70近い国で、国民の1割ほどしかワクチン接種を受けられなくなるとした。

特にカナダについては、全国民に5回接種できる量を発注していると、団体側は主張している。

カナダのカリーナ・グールド国際開発相は先月、同国がワクチンを買い占めているとする疑惑を否定。余剰分に関するいかなる議論も「仮定のもの」であり、これほどの量のワクチンはまだ配布されていないとした。

グールド氏は、カナダ政府は発展途上国がCOVID-19に対処するのを支援するため、4億8500万カナダドル(約395億4000万円)を拠出していると述べた。

WHと中国への批判

独立専門家パネルは中間報告で、中国とWHOの両者について、新型ウイルスの感染発生の初期段階で、より早期に行動すべきだったと指摘した。

報告書には、中国政府は2019年後半に最初に確認された、武漢市での初期のアウトブレイクを同地域内にとどめるために、より強硬な対応を取るべきだったとある。

専門家たちはさらに、WHOは2020年1月30日に国際的緊急事態を宣言しただけだったと批判した。

「世界的パンデミックの警戒システムは、目的にかなっていない」と同報告書は指摘。「世界保健機関は任務遂行のための力が不足している」とした。

ニュージーランドのヘレン・クラーク元首相やリベリアのエレン・ジョンソン・サーリーフ元大統領が率いるこの専門家パネルは、昨年7月に設置された。

-----

 新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンの入手で国家間に格差が生じていることに、懸念が広がっている。感染拡大がやまず危険な変異種が生まれ、薬やワクチンが効きにくくなり、経済をさらに落ち込ませる恐れがあるためだ。

 新たな変異種への対応を各国が急ぐ中で、富裕国はすでにワクチンの恩恵を受けつつある。米英と欧州連合(EU)はこれまでに約2400万回分を住民に投与し、世界全体の半分余りを占める。一方、大半の国では接種がまだ始まっていない。

 免疫獲得の不均衡は、「持てる国」と「持たざる国」の両方に脅威になる。累計200万人を超えた死者がさらに増えるだけでなく、ウイルスが進化して新たな変異を生む時間を与え、経済や公衆衛生に甚大な影響をもたらしかねないからだ。

relates to ワクチン確保で国家間に貧富の差、新型コロナ変異種が増えるリスク

医療慈善団体ウェルカムのチャーリー・ウェラー氏

医療慈善団体ウェルカムでワクチン部門を統括するチャーリー・ウェラー氏は、「ワクチンへのアクセスがない国々を置き去りにすることはできない。そんなことをすれば、われわれ自身に跳ね返ってくる」と警告。「世界中の人々がリスクにさらされる」と訴えた。

 救命と経済再生で、各国が頼りにするのは効果的な予防接種だ。世界銀行が見込む今年の4%成長は、広範なワクチン普及を前提としている。感染が拡大しワクチン接種が遅れれば、成長率は1.6%にとどまる恐れがある。

 英調査会社エアフィニティーによると、高所得国は米ファイザー製ワクチンの85%、米モデルナ製ワクチンの全てを買い占めた。その他の国は安価で配布が容易な英アストラゼネカ製か、中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)など他メーカーのワクチンに依存することになる。

  今月8日の時点でワクチンの接種が始まっている42カ国のうち、36カ国が高所得国、残りは中所得国だと世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は指摘した。WHO主導の共同購入枠組み「COVAX」への参加に加え、独自に供給契約を結ぼうと動く国が増えている。

-----

 全ての新薬がそうであるように、新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンにも安全性に対する一定の懸念と副反応が伴う。いち早く欧米で承認を受けた米ファイザー・独ビオンテック製と米モデルナ製のワクチンを接種した多くの人に、発熱や頭痛、注射部位の痛みが生じた。こうした副反応は概してすぐ消えるが、ノルウェーではファイザー・ビオンテックのワクチンを接種した重い基礎疾患を持つ高齢者の死亡が報告され、副反応と関連性があるかどうか注目されている。

1.この死亡について分かっていることは?

  高齢者向け介護施設入所者に優先的に接種を進めているノルウェーで、ファイザー・ビオンテックのワクチンの投与を受けた約4万2000人のうち33人が亡くなったと1月半ばに報告された。全員が接種後数日以内に死亡し、年齢は75歳以上で、余命数週間から数カ月の末期患者も含まれていた。ノルウェー医薬品庁によると、高齢者向け介護施設や長期ケア施設では平均で週400人が亡くなっており、33の死亡例とこのワクチンを直接結び付ける証拠はない。同庁の主任医務官であるシーグル・ホルテモ氏は、重い基礎疾患を持つ患者にはワクチンの一般的な副反応である発熱や吐き気が致命的になった可能性を排除できないと語った。

2.他国でも死亡例はあるのか?

  ファイザー・ビオンテック製ワクチンの1回目の接種を80万人余りが受けたドイツでは、接種後間もなく亡くなった高齢者が少なくとも7人おり、独医薬品規制当局パウル・エールリヒ研究所が調査した。同研究所は報告書で、死因は恐らく腎不全やがん、アルツハイマー病など患者の基礎疾患で、ワクチン接種ではないと判断した。

3.死亡例ではどのような症状が表れたのか?

  ノルウェーの死亡例では発熱、吐き気、下痢など、ほぼ全てのワクチン接種後に一部の人に表れる一般的な症状があったと、同国を含む欧州医薬品庁(EMA)と協力するオーストラリア薬品・医薬品行政局(TGA)は伝えた。この症状は、大多数の人にとっては重大なものにはならないと見込まれる。ファイザー・ビオンテックのワクチンが数百万回の単位で接種されている米国や英国、その他の国では接種に絡んだ死亡例は報告されていないと、ニューサウスウェールズ大学公衆衛生地域医療学講師のアブラル・チュグタイ氏は指摘した。

4.高齢で病弱な人々にとって、判明しているワクチンのリスクは?

  あまり大きなものではない。比較的若く健康な人には危険でない一般的な副反応が、高齢者には基礎疾患の悪化を引き起こす可能性はあると、ノルウェー医薬品庁の医療担当責任者スタイナー・マドセン氏は医学誌BMJに語った。ファイザー・ビオンテック製ワクチンの大規模臨床試験に参加した85歳以上の人数は多くなく、モデルナの試験と合わせた参加者の平均年齢は50代前半だった。

5.死亡例が発生したことへの対応は?

  ノルウェー公衆衛生研究所はワクチン接種の際の注意を更新し、病弱な高齢者への接種についてさらに詳しい助言を打ち出した。「医師らにはワクチン投与を続けるよう要請しているが、基礎疾患を持ち接種で悪化するかもしれない人々に対しては、一層慎重に診断するよう指示している」と、マドセン氏は語った。この作業には、被接種者およびその家族と接種によるリスクと恩恵を話し合うことなどが含まれるという。同じく北欧のフィンランドでは、積極的な治療を停止した末期患者に対しては集団予防接種の対象から外すよう勧告している。一時的な発熱など一般的な副反応が容体を悪化させる可能性があるというのが理由だ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • Bohol

    長い記事を読んて下さってありがとうございます。
    コロナ、早くおさまって欲しいですね。
    2021年01月19日 22:20