極私的新型コロナウイルス感染症の現在(2020年8月8日) Almost all community-acquired infection is spreading.

間違いなく市中感染が拡大しています。
コメント 2020-08-08 130703.png
 こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。
今日は土曜日で、午前午後とも石原が外来を担当する予定です。
新型コロナウイルス感染症(COCID-19)の感染が止まりません。
クリニックの検査でも、この1週間は陽性率が高くなっていて、診察上は「これは違うな」と思うようなケースでも、陽性の事例が多く認められています。
間違いなく市中感染が拡大しています。
今流行が拡大しているのは、間違いなく保健所などの対応が、パンクしてしまっているからです。
クリニックでも家族などの濃厚接触者の唾液RT-PCR検査の依頼が、この1週間くらいは多いのですが、お聞きすると陽性者が出ても、入院になるのか、宿泊療養となるのか、自宅療養となるのかの対応がなかなか決まらず、結果としてあまり感染防御が出来ないままに、家族が一緒に暮らしていて、更に感染が広がってしまう、という悪循環になっています。
濃厚接触者が発熱などの症状を呈していれば、その時点ですぐにRT-PCRを施行すれば良いのですが、無症状の場合には、その時点ですぐにRT-PCR検査を行なうことが、必ずしも感染の拡大阻止に繋がるとは言えません。
無症状の感染者でのRT-PCR検査の陽性時期や期間は、事例によりまちまちで、文献的にもあまりまとまったデータがなく、その時点での検査で陰性であることが、「無罪証明」には決してならないからです。
今日検査が陰性であっても、翌日に陽性になる可能性が充分にあるからです。
問題なのは検査を受けた多くの人にとって、その検査は感染していないという、安心のために行われていると理解されていることです。
濃厚接触者の検査は、敢くまでどのくらいの感染の広がりが想定されるのかの、「当たり」を付ける目的のもので、感染と非感染の振り分けをするためではないのですが、それを理解してもらうのは、なかなか難しいのが実際です。
<東京や大阪や沖縄で今起こっていることは、市中感染の状態になっているのに、泥縄的に検査数のみを増やしているので、陽性となった場合の保健所など行政の対応が追い付かず、それが却って感染をより広げる原因となっている、という悲惨な状態です。>????
医療崩壊を食い止めるということに力点を置き過ぎたために、多くの軽症事例の行き場がなくなって、結果として感染を発見しても、適切な対応が取れないために、感染が拡大し続けているのです。
システム的な問題もあります。
クリニックで唾液のRT-PCR検査を行なって、陽性になりますよね。
保健所に発生届をファックスで出し、それから折り返しの電話で補足の説明をします。
保健所ではその情報を元に、入院の必要性などの優先順位を付けて、それを東京都の担当部署に送付します。
入院や宿泊療養の判断をするのは、東京都になるのです。
品川区はほぼ収容はパンク状態で、品川区在住でも品川区で入院や宿泊療養が出来るとは限りません。
その采配は全て東京都でしているのです。
単純に考えて、これで毎日数百人の情報が都に集まり、それを都内の宿泊施設や医療機関の情報と照らして、対応を決めるだけで、多くの時間が費やされてしまうのです。
それが更に地区の保健所に伝えられ、それから本人や家族に伝えられるということになるのです。
このシステムは、医療崩壊を防いで、重症の患者を効率的に入院させる、と言う点では一定の効果を挙げています。
しかし、感染を収束させるという点では、全く機能しないばかりか、むしろ感染の拡大を助長してしまうのです。
軽症者や無症状感染者の多くは、適切な決定がなされないまま、自分達の責任で、家族や周辺の人達と、一緒に生活せざるを得ないからです。
RT-PCR検査を増やしても、この状況は全く解消はされません。
検査は症状が出た時点で、速やかに行なえるという体制があればいいのです。
そのスピード感こそが命であって、無症状の人に検査をして、陰性で安心することには何の意味もありません。
現状は無症状の人に「安心」のための検査を多数行うことで、結果として検査機関もパンクして、迅速に出るべき結果が却って遅延してしまっているからです。
家族や会食をした友人、同じフロアで仕事をしている同僚が、新型コロナウイルス感染症と診断された時、周辺で長く接触していた人に、症状がなくても一旦検査をすること自体は、悪いことではありません。
ただ、その時の検査で陰性であっても、ある程度の確率では既に感染していると、そう想定した方が良いので、陰性であっても濃厚接触であれば、陽性として経過をみることが必要なのです。
無症状の濃厚接触者は、感染している可能性を念頭に、周囲との接触を避けて2週間(期間には別の意見もあります)経過をみることが何より必要なのです。
その間に症状が出現すれば、速やかに検査を行ないますが、無症状のままに経過していれば、必ずしも検査をする必要はないのです。
これが無理な状態となれば、もうロックダウンしか手はありません。
今重要なことは、陽性患者を迅速に隔離することです。
そのためにはマンパワーが圧倒的に不足しているのです。
飲食店や映画館などが感染防御の対策を取ることは、確かに新規の感染者の増加予防には役立ちます。
しかし、今最も感染拡大の要因となっているのは、家族などでの周辺の感染拡大なのです。
それを防ぐためには、感染者が発見された段階で、速やかにその患者を隔離出来るような対策が必要です。
たとえば1人暮らしであれば、体調をみながらの自宅療養で問題はないのです。
現状は重症者以外の行き先を決めるのに、数日から1週間くらいの時間が掛かってしまい、その間に感染が周辺に拡大し、
それが更に周辺に拡大するという、いたちごっこの悪循環に陥っているのです。
これでは絶対に感染は収束しません。
現状の問題は行政が感染収束の対策を取っていない、ということです。
最悪の事態を免れるための対策は取られているのですが、それは感染拡大を抑えるための対策ではない、と言う点が問題なのです。
しかし、このペースで感染が拡大すれば、医療崩壊を防いでいる堤防もいずれは決壊して、最悪の事態に至ることは、もう火を見るより明らかです。
堤防があるので、川の増水を実感出来ない、というのが現在の東京の状態です。
どうか一刻も早く、感染者が迅速に振り分けられ、それぞれのあるべき場所に速やかに隔離されるための、そうした対策に努力を集中して下さい。
理性のある人が少しでもいることを祈りつつ、今日も僕なりに必死に、診療に当たりたいと思います。
それでは今日はこのくらいで。
一刻も早くこの状態が解消されますように。
石原がお送りしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント