コロナウイルス 関連情報 200529. 金曜.

咳やくしゃみをしたときに出る飛沫が飛ぶことは知られているが、通常のおしゃべりでも飛沫が飛ぶことがわかった
iStock-1220225178-thumb-720xauto-199624.jpg





死者10万人 アメリカでのコロナ過を他国と比較




世界各国の研究機関や企業が急ピッチで進める研究開発──実用化には多くの関門があるが、有効な薬の事例が各地で報告されている。

当惑する医師たち 新型コロナウイルス治療の最前線で

_112417155_sm-icu_covid-19copy.jpg




米国内の各地でビーチやバーに賑(にぎ)わいが戻ってきた。一方で感染者が急増している州もある。

コメント 2020-05-26 090057.png

 メモリアルデーの連休に各地で多くの人出が見込まれるなか、米食品医薬品局(FDA)のハーン長官は、新型コロナウイルスが封じ込められたわけではないと改めて強調。自分自身と地域社会を守るのは一人ひとりの力。対人距離の確保と手洗い、マスク着用が全ての人を守る」と呼び掛けた。このニュースはこちらからどうぞ。




FPが日本の「成功」の論拠としているのは死者の少なさだ。感染者数は、検査数が少ないのであてにならないが、死者数は確かな「指標」になるというわけである。14日時点での人口100万人当たりの死者数は、日本が5人、米国が258人、スペインが584人、欧州での防疫の成功例として挙げられているドイツですら94人に上ると指摘。

コメント 2020-05-25 120814.png


新型コロナウイルスに対する、ウイルスベクターワクチンの、中国での臨床試験結果をまとめた論文です。

コメント 2020-05-25 053402.png



ドイツのフランクフルトで今月10日に行われた教会のミサに参列した40人余りが新型コロナウイルスに感染していた。地元保健当局は独6人が入院したと明らかにした。





ファウチ氏は、ワクチン開発を巡る明確な日程は「決して約束できない」としつつも、「想定外の妨げに直面しない限り、米国内で今年12月もしくは来年1月にワクチン接種を展開することは想定可能だ」と語った。



<世界各国で実施された移動制限は、養蜂家に飼育されているハチに大きな影響をもたらし、ひいては、農作物の栽培にも影響が及ぶおそれが指摘されている>
514453426a-thumb-720xauto-198588.jpeg




神奈川県の聖マリアンナ医科大学病院。新型コロナが世界で猛威を振るう中、同病院は他の医療機関が拒否した患者を次々と受け入れ、この感染症と戦う医療最前線の象徴的な存在となっている。
コメント 2020-05-23 042824.png





[22日 ロイター] - 医学誌ランセットは、トランプ米大統領が新型コロナウイルス感染症治療に有望として推奨している抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」について、患者の死亡リスク増大と関連があるという研究報告書を発表した。
コメント 2020-05-23 121531.png





米コロンビア大学は、ソーシャル・ディスタンシング(対人距離の確保)が1週間早く開始されていれば、同国で3万5000人以上の命が救われた可能性があるとの調査結果を発表した。
コメント 2020-05-22 104219.png
 米首都ワシントンのホワイトハウス前で、政府の新型コロナウイルス対策に抗議するデモ参加者らが置いたにせの遺体袋(2020年5月20日撮影)。(c)Eric BARADAT / AFP
【5月22日 AFP】米コロンビア大学(Columbia University)の研究者らは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため米国で3月中旬から実施されているソーシャル・ディスタンシング(対人距離の確保)が1週間早く開始されていれば、同国で3万5000人以上の命が救われた可能性があるとの調査結果を発表した。
複数のモデルに基づくシミュレーションで、ソーシャル・ディスタンシングやその他の安全措置を実際より1週間早く講じていれば、5月3日時点の米国の感染者70万人以上の61%と、死者6万5000人以上の55%を回避できた可能性があることが示されたという。
このシミュレーションは多くの専門家らが指摘しているように、ロックダウン(都市封鎖)措置を早期に緩和することの危険性を示していると、研究者らは説明している。
米国ではドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の意向もあり、全50州が制限を一部緩和し、感染流行による事業停止や解雇によって打撃を受けた経済を復活させようとしている。 研究者らは「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は現在も感染性が高く、爆発的に拡大する可能性があることについて人々の意識を高める努力が、この重要な時期にはまた必要とされている」と指摘。
「調査結果はまた、広範な検査と接触者の追跡ができなければ、感染から症例確認までの時差が大きなことから、COVID-19の再流行と急増が本格化するまでそれを把握できないことを示している」と述べた。(c)AFP





新型コロナウイルスに対するヒドロキシクロロキンの有効性を検証した、フランスでの観察研究の結果をまとめた論文です。
コメント 2020-05-22 073456.png
 これは5月18日にご紹介した中国の多施設臨床試験と、セットで同じ紙面に載ったものです。
本当は同時に紹介した方が良かったのですが、事情あってバラでのご紹介となります。
ただ、ほぼほぼ結論は一緒です。
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の治療には、多くの薬剤が試みられていますが、その中でも世界的にその有効性が期待され、
一定の臨床データも存在している薬の1つが、リン酸クロロキンとヒドロキシクロロキン硫酸塩です。
このニュースはこちらからどうぞ。





南アフリカで、2020年末までに少なくとも4万人が新型コロナウイルスで死亡する可能性があると、同国の科学者グループが警告している。



世界保健機関(WHO)は20日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)は終息には程遠く、1日当たりの感染者数はこれまでで最多となっていると警告した。





米自動車大手フォード・モーターは操業を再開したばかりの米国内の工場2カ所を再び一時的に閉鎖した。工場の従業員が新型コロナウイルスの検査で陽性が判明したための措置。
ford-logo-getty-1024-super-169.jpg
 「フォード・エクスプローラー」などを製造しているイリノイ州シカゴの工場は19日午後、従業員2人が新型コロナウイルス陽性となったことで操業を止めた。
ピックアップトラックの製造を行っているミシガン州ディアボーンの工場も20日に操業を停止した。
いずれの工場も新型コロナウイルスの感染拡大を受けた約2カ月の生産休止から18日に操業を再開したばかりだった。
このニュースはこちらからどうぞ。





<制限措置の緩和が続いているドイツで、難民施設や東欧からの労働者が働く過酷な職場でのクラスターが相次いでいる>




<コロンビア大学の研究チームは、屋内の公共スペースで人体に害をもたらすことなく細菌やウイルスを効果的に消毒する手段として「遠紫外線C波」の研究を進めてきた......>





<咳についての新しい研究で、現在推奨されている2メートルの対人距離では安心できないことがわかってきた>
IMAGE200520.jpg





3匹の飼い猫を新型コロナウイルスに感染させて、
猫から猫への感染が成立するかを検証した実験結果です。






新型コロナウイルスと温度との関係。
コメント 2020-05-20 104849.png

このニュースはこちらからどうぞ。





接触感染をブロックするために「手指消毒(しゅししょうどく)」をしましょう、という話になります。
newsweek_20200518_193147-thumb-720xauto-197760.jpg





新型コロナウイルス対策ワクチン、初期の臨床試験で有望な結果が出ていることを明らかに。
コメント 2020-05-19 171837.png





重症急性呼吸器症候群(SARS)から回復した患者の抗体が、新型コロナウイルスの感染を阻止するとした研究論文が発表された。
コメント 2020-05-19 170241.png




新型コロナウイルス(に感染した場合、症状が表れる前でも周囲の環境を汚染し得るとの研究結果が18日、米疾病対策センター(CDC)の専門誌「新興感染症(Emerging Infectious Diseases)」に発表された。





ウイルスが肺の細胞に侵入するためのいわば“港”をたばこが作るということだ。
ダウンロード.jpg





ソフトな緊急事態宣言を聞き入れた日本人の不思議。





再生産数とは何か、感染対策の経済封鎖を終えることの意味合いを理解する上で、これがなぜ重要なのかをまとめた。




このビデオを見てロックダウンの開始時期で感染の拡大がどのように変化するのか理解できました。
100万人当たり1人の感染者が出る前にロックダウンしたアメリカの州は感染が拡大していません。
また100万人当たり1人の感染者が出てからすぐにロックダウンした国は感染が軽微です。
コメント 2020-05-16 064123.png





専門家間では公式な死因に関係なく今年の全死者数を例年と比較して導かれる「超過死亡」数を調べる動きが広まっている。





ブライト氏は、米下院の衛生委員会公聴会で証言し、米政府がアウトブレイク(大流行)の初期段階での対応を「怠った」ために「国民の命が失われた」と述べた。
_112282751_a1cafcd9-0db3-4000-bb34-07c935d9ffae.jpg





ここ数週間、フィリピンのマニラ湾は世界最大の「駐船場」になっている。停泊しているのは大量のクルーズ船。
客は一人も乗っていない。
manila.jpg




何らかの症状がある医療従事者だけにPCR検査を行う今の態勢のままでは推定1万5000人の感染者を見逃してしまう。
全員に定期的な検査を行うべきだと、英ケンブリッジ大学が警告
webw200514-nhs-thumb-720xauto-197274.jpg





中国はWHOの「パンデミック宣言」を遅らせて、その間に自国で必要な医療品を数十億点も緊急輸入した疑いが浮上。世界はそのために今もマスクや防護服の不足に悩まされている可能性が高い





トランプ米大統領は新型コロナウイルスの早過ぎる制限解除に警鐘を鳴らした専門家の発言を受け入れられないと述べた。
_111996309_tv061231275.jpg





世界保健機関(WHO)は13日、新型コロナウイルスが消滅することはないかもしれないとの見解を示した
コメント 2020-05-14 065508.png
 【5月14日 AFP】世界保健機関(WHO)は13日、新型コロナウイルスが消滅することはないかもしれないとの見解を示し、世界の人々は新型ウイルスとの共生方法を学ばなければならないと警告した。
一部の国で新型ウイルスの拡大防止のため講じられたロックダウン(都市封鎖)措置の段階的解除が始まる中、WHOは新型ウイルスを完全に根絶することは不可能かもしれないと指摘した。
WHOの緊急事態対応を統括するマイケル・ライアン(Michael Ryan)氏はスイス・ジュネーブでインターネットを通じて行った記者会見で、「新しいウイルスが人類に初めて入り込んだため、これにいつ打ち勝てるかを予測するのは非常に困難だ」と表明。
「このウイルスは、地域に存在する単なる風土病ウイルスの一つになるかもしれず、決して消えないかもしれない」とし、「エイズウイルス(HIV)は消えたわけでないが、われわれは同ウイルスと折り合いをつけることができた」と指摘した。
WHOはまた、封鎖措置の解除により感染拡大の第2波が起こらない保証はないとも警告。WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長は、多くの国がそれぞれ異なる制限措置の解除を望んでいるものの、「われわれの勧告は変わらず、どの国においても最大限の警戒を行うべきだ」と述べた。




感染の発生源となった中国・湖北省武漢市や韓国などで集団感染が相次いでいる。
_112226005_gettyimages-1208565436.jpg




国立アレルギー・感染症研究所のファウチ所長は12日、上院委員会の公聴会で証言し、ロックダウン(都市封鎖)措置の解除を急げば、新型コロナ感染の第2波を招くリスクがあると警鐘を鳴らした。
コメント 2020-05-13 073117.png






東京都は飲食店に対して引き続き夜8時までの営業を要請し、酒類の提供は夜7時までとしていますが、今週からは深夜まで営業する店が増えています。
コメント 2020-05-12 080717.png
 夜8時以降も店を開けている複数の店の経営者に話を聞いたところ、「家賃や従業員の給料を支払うためにはどうしても手元に現金が必要だ。収入を得るためには店を開けざるをえない」などと答えていました。さらに、協力金や緊急の融資の申し込みをしても、手元にはまだ届いていないというケースがほとんどで、ある居酒屋の経営者は「もはやこれ以上要請に従うのは限界だ。感染防止が大事なことは理解しているが、これ以上休業すると生活できない」と話していました。店によりますと家賃や人件費などの固定費が毎月およそ150万円かかり、休業の協力金を受け取っても大幅な赤字になるということです。また、調理に必要な設備などを長く使わないとメンテナンスが必要になることもあり、店を開けることを決めたということです。このニュースはこちらからどうぞ。





新型コロナウイルス感染拡大抑制に向けた外出制限措置が緩和されたドイツで、感染が再拡大する様相を見せている。
reuters__20200511105638-thumb-720xauto-196607.jpg
 新型コロナウイルス感染拡大抑制に向けた外出制限措置が緩和されたドイツで、感染が再拡大する様相を見せている。政府の公衆衛生研究機関ロベルト・コッホ研究所は10日、1人の感染者が何人に感染を広げるかを示す「再生産数」が1.1に上昇したと発表した。1を上回ると感染が拡大していることを示す。メルケル首相は6日、ロックダウン(都市封鎖)を段階的に緩和していくと発表。商業施設や学校の再開を許可した。ただ同時に、感染が拡大した場合には再び制限を可能にする「緊急ブレーキ」措置も導入した。疫学の教授でもある社会民主党のカール・ローターバッハ議員は、週末の人出が極めて多かったことを指摘、政府の緩和判断は拙速に過ぎたとして、新型ウイルスの感染が再び拡大する可能性を警告した。ロベルト・コッホ研究所の10日の発表によると、国内の新たな新型ウイルス感染者は667人増加し、累計感染者数は16万9218人になった。死者数は26人増加し、計7395人となった。




民主党ばかりか共和党まで、国民皆保険について真剣に議論し始めている。これはサンダースの公約の目玉だ。
magw200413_Bernie-thumb-720xauto-193028.jpg




世界保健機関(WHO)は8日、中国武漢市の卸売市場が新型コロナウイルスの感染拡大に関連しているとの見解を示した上で、さらに調査する必要があると述べた。




(CNN) ブラジルのボルソナーロ大統領とゲジス経済相は、経済が瓦解(がかい)する可能性があるとして新型コロナウイルス対策の隔離措置を緩和する必要性を強調した。

manaus-brazil-super-169.jpg





世界保健機関(WHO)は7日、アフリカで19万人が死亡する可能性があると警鐘を鳴らした。




ランニングやサイクリングを行う際には、対人距離を10メートル以上開けるよう国民に求めた。





研究者は新型コロナウイルスの「とげ」の形から変異を追跡している





米メリーランド州グレンバーニーで、新型コロナウイルスに感染した疑いのある患者を担架に乗せる消防隊員ら




コメント 2020-05-06 025244.png




専門家会議は提言に合わせて、日本国内でのPCR検査の対応に関する評価を示しました
K10012417831_2005042328_2005042328_01_02.jpg



海外のロックダウン、死者数爆発でなぜ成功か。
コメント 2020-05-04 164537.png
 爆発的な感染拡大により都市封鎖令や外出禁止令が1カ月以上にわたって出されているにもかかわらず、ニューヨークやカリフォルニアなど米国の一部の州ではいまだに感染確認者や死亡者の数が驚異的なスピードで増加している。新規入院者数や死者数は減り始めてはいるものの、完全には峠を越していない。 さらに、ロックダウンが感染制御の最重要の要因であるなら、完全なロックダウンをしていない「ユルユル3密国家」であるわが国の相対的・絶対的な感染者数や死者の少なさの説明がつかない。日本では米国より早く感染が確認されているから、ロックダウン状態ではない超過密の首都圏の3密状態は、ニューヨーク級あるいはさらにひどい感染爆発に、より早くつながらなければならないはずだ。このニュースはこちらからどうぞ。





「上手い」「速い」「安い」の3拍子揃ったPCRが誕生するまで


スウェーデンで、感染者が増え続けている。




自衛隊中央病院で行われていたのは、スタッフ個々の防護とゾーニング(区域分け)という「基本の徹底」だった。

コメント 2020-05-03 111622.png





ロシアで新型コロナウイルス感染者の確認が急増している





 

 


新型コロナの流行は、少なくとも1年半から2年続くと専門家が予測した/Jens Meyer/AP

 


新型コロナがあぶり出す中国依存





米新型コロナ対策チームを率いるファウチ氏が感染の第2波到来をほぼ確信すると語った

 

日本の新型ウイルス検査、少なさに疑問の声










コロナ前線で働く人と家族を守るキャンピングカー




医療崩壊の最前線、トイレにまで積み重ねられた遺体 エクアドル。





ギリアド新型コロナ新薬試験、良好な結果 早期投与で効果の可能性。
ダウンロード.jpg
 [29日 ロイター] - 米製薬ギリアド・サイエンシズ(GILD.O)は29日、新型コロナウイルス感染症治験薬「レムデシビル」の臨床試験で前向きなデータが得られたと明らかにした。試験では新型コロナ感染症の入院患者397人を対象に5日間および10日間のレムデシビルの安全性と有効性を調べた。ギリアドによると、早期にレムデシビルを投与された患者の62%が退院。一方、遅れてレムデシビルを投与された患者では49%が退院した。治療の早い段階でレムデシビルを投与すれば、より高い効果がある可能性が示された。新型コロナの有望な治療薬として注目を集めているレムデシビルを巡っては、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)も無作為抽出による二重盲検試験を実施しており、早ければ5月半ばまでに暫定試験結果が明らかになる可能性があるという。





コメント 2020-04-29 031108.png
_111996309_tv061231275.jpg





アメリカで消毒剤の相談急増 「なぜか想像もつかない」と発言当人のトランプ氏
_111996309_tv061231275.jpg





reuters__20200429105704-thumb-720xauto-195467.jpg

  インド医学研究評議会(ICMR)は27日、中国の2社から購入した新型コロナウイルスの抗体検査キットについて、検査結果が一定でないとして各州政府に使用停止を求めた。インドは今月、検査強化のため50万個を超えるキットを購入。しかしICMRは、複数の州からキットの品質に苦情が寄せられており、返却の必要があるとしている。ICMRは、「2社の製品を検証したところ、感度に大きなばらつきが見られた。この結果を踏まえ、各州に使用停止と返却を求めた」と説明した。








英国、今年いっぱいは感染対策を続けるべき 医療トップ。
コメント 2020-04-23 202018.png




来年の東京五輪・パラ開催は「ワクチン次第、なければ非現実的」=英専門家










reuters__20200422195448-thumb-720xauto-194520.jpg





webw20422-atlanta-thumb-720xauto-194476.jpg











コメント 2020-04-24 131848.png
 これはGut誌の2020年3月5日にウェブ掲載された、新型コロナウイルス感染症と下痢症状についてのレターです。
1例報告で今更という感じはあるのですが、新型コロナウイルス感染症で見逃し易い症状について、確認の意味で記録しておきます。
新型コロナウイルス感染症の症状は、発熱や全身倦怠感、咳などが代表的で、重症化では概ね肺炎を来します。
従って、どうしても肺炎を疑わせるような、咳や呼吸困難などの症状に対しては、誰でも新型コロナウイルス感染症を疑うのですが、
たとえば下痢とだるさのみの症状であると、簡単に「感染性胃腸炎」というような判断になり、新型コロナの可能性がスルーされてしまうということが起こり得ます。
担当科も肺炎は呼吸器内科で、下痢は消化器内科ということになりますから、その点でも間違いが生じやすいのです。このニュースはこちらからどうぞ。





magSR200421_kunii1-thumb-720xauto-194180.jpg







コメント 2020-04-20 152729.png
 [サンフランシスコ 17日 ロイター] - トランプ米大統領は16日、新型コロナウイルスの感染拡大抑止策で停滞している経済の再開に向け、各州が段階的に封鎖措置を緩和するための指針を公表した。しかし専門家によると、指針には抜け落ちている部分が多く、経済活動を危機前の水準に戻す道は平たんでもスピーディーでもなさそうだ。こうした準備が整っている州はいくつあるだろうか。ハーバード大の疫学者、ビル・ハネージ氏によると、皆無だ。多くの専門家同様、同氏も16日にツイッターで指針を批判。検査能力不足が一番の問題だと言う。このニュースはこちらからどうぞ






_111815543_gettyimages-1207642909.jpg






ecmophotoistock-thumb-720xauto-193927.jpg




コメント 2020-04-19 104155.png
 この病院の看護師ジュリア・トレイナーさんにとって、最近の勤務日のなかで最も辛かった瞬間の1つは、ある女性患者にチューブ挿管を行った後、彼女に話しかけられるよう配偶者に連絡したときだ。といっても、夫は病院に入ることは許されない。「電話に出てもらって、こちらでは患者の耳に携帯電話を押し当てていた。彼は妻に本当に愛していると語りかけていた。私は、彼女の涙をぬぐってあげなければならなかった」と、外科集中治療室(ICU)で働くトレイナーさんは言う。「重症の患者は見慣れているし、患者が亡くなるのにも慣れている。だが、それとこれとはまったく違う」このニュースはこちらからどうぞ。






K10012391671_2004162256_2004170610_01_02.jpg






コメント 2020-04-16 201137.png






webw200415-trump-thumb-720xauto-193416.jpg





reuters__20200415124640-thumb-720xauto-193370.jpg







コメント 2020-04-15 085611.png
【4月15日 AFP】米国のマイク・ポンペオ(Mike Pompeo)国務長官は14日、国連(UN)の専門機関である世界保健機関(WHO)の「抜本的な改革」を求めていくと表明した。ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領も同日、WHOへの資金拠出を停止するよう政権に指示したと発表した。ポンペオ氏はフロリダ州のラジオ番組「グッド・モーニング・オーランド(Good Morning Orlando)」に対し、「WHOはその歴史の中で良い仕事もしてきたが、残念ながら今回は最善な仕事をしなかった」と述べた。
 ポンペオ氏は、「WHOの抜本的な改革の断行、またはWHOがその役目を果たし、このように重要な世界保健上の義務をきちんと遂行するという異なる決断を確実なものとしなければならない」と述べた。世界保健上の義務には、米国人の安全を守ることも含まれているという。
 国連の各専門機関をしばしば批判してきたトランプ政権はWHOについて、中国中部・武漢(Wuhan)で昨年末に新型コロナウイルスが発生して以来、中国の公式見解を信頼し過ぎてきたと指摘している。
 WHOは最初の数週間、中国の医師らの言葉を引用し、人から人への感染の情報はないと発表し、中国政府の透明性を称賛していた。
 新型ウイルスのパンデミック(世界的な大流行)への対応をめぐって批判を浴びる中、トランプ氏が外国をスケープゴートとして利用しようとしているとの非難の声も上がっている。
 トランプ氏は今年1月、パンデミックを「完全に完全にコントロールしている」と豪語していたが、米国の新型ウイルスによる死者は現在2万3500人を超えており、国・地域別で世界最多となっている。(c)AFP
 





コメント 2020-04-14 111657.png
コメント 2020-04-14 111923.png









reuters__20200413113205-thumb-720xauto-192988.jpg










reuters__20200412_171430-thumb-720xauto-192945.jpg






NW_PSC_22-thumb-720xauto-192154.jpg




magpakkun200409-thumb-720xauto-192587.jpg




7.jpg





コメント 2020-04-10 092230.png








webw200408-test-thumb-720xauto-192434.jpg





RTS38741-thumb-720xauto-192242.jpg





_111528597_elmhurst3.jpg




コメント 2020-04-04 010259.png





ダウンロード (1).jpg





_111512344_jessie1.jpg






webw200401-china-thumb-720xauto-191351.jpg






wuhanxi-thumb-720xauto-191236.jpg




_111471865_9282b80e-1f41-4a10-a628-d8c01d5621a4.jpg






コメント 2020-03-30 111659.png




コメント 2020-03-30 073406.png






K10012356761_2003292316_2003300506_01_02.jpg





コメント 2020-03-22 021915.png
コメント 2020-03-22 022007.png
コメント 2020-03-22 022059.png





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント